出会い系のようにライブチャットで騙されることは無いか?

最近ライブチャットというものがとても人気です。

自分好みの女の子と会話を楽しんだり、アダルトチャットであればエッチなことまでできてしまいます。

でも、ライブチャットって一体どういうものなのかわからないから怖い、不安、騙されそうといったイメージを持っている方もいるようです。

ここでは「出会い系のようにライブチャットで騙されることは無いか?」についてお話していきたいと思います。

出会い系サイトとライブチャットは別物

ライブチャットと出会い系サイトを混同されてしまう方が非常に多いようです。

しかし、ライブチャットと出会い系サイトは全く違うものです。

ですから、悪質な出会い系サイトでよくある一般女性に成りすましてポイントを消費させる「サクラ」がライブチャットにいることはありません。

ライブチャットの仕組み

ライブチャットは大きくわけてノンアダルトとアダルトの2つに分かれます。

ノンアダルトはチャットレディー(以後チャトレと表記)との会話を楽しむものとなります。

アダルトはチャトレと会話やエッチを楽しむものとなります。

そのどちらもパソコンかスマートフォンで利用することができます。

もちろん、実際に会うということはありません。

例えるならキャバクラや風俗をネット上で楽しむことができるということです。

キャバクラや風俗に「サクラ」が存在していないのと同じで、ライブチャットにも「サクラ」は存在しません。

チャトレの仕事

ノンアダルトの場合は脱がす行為などはしませんので、基本的に会話を楽しむものとなります。

擬似恋愛のようなものを楽しむことも可能です。

アダルトの場合は、基本的に服を脱いで裸になってエッチなシーンをお客さんに見せることをします。

もちろんアダルトでも会話を楽しむことはできます。

つまり、ライブチャット(エロチャット)というものはチャトレがお金をもらってサービスをする場ということです。

ですから、最初はいいなと思ってた女の子と実際にチャットしてみたらそうでもなかったとか、気に食わなかったなどがありましたら、他のチャトレに行けばよいのです。

出会うことはできません

ライブチャットに出演している女の子と会えると思っている男性も非常に多いようですが、会うことはできません。

「会えないじゃないか!詐欺だ!」とおっしゃる方をたまに目にすることがありますが、ライブチャットは出会いを提供する場ではありません。

上記の項目でもお話致しましたが、ライブチャットはネット上でのキャバクラや風俗のようなサービスを提供するものです。

チャトレの規約の中にもお客さんと会うことを強く禁止されています。

会いたいという気持ちはとてもよくわかります。

ですが、チャトレに規約違反を起こさせるようなことをしてはいけません。

大人の遊び場

風俗(ファッションヘルス)を例にお話させて頂きます。

直接女の子と触れ合えるという点は違いますが、基本的には会話であったり性的なサービスをしてもらうことが主です。

本番行為の強要や、店外で会うことを禁止されているという点は似た部分があります。

ライブチャットでは本番行為をすることは物理的に不可能ですが、性器を露出するように強要することは法律違反になりますのでやめましょう。

店外で会うのを禁止されているのはライブチャットも同じことで、上記でもお話させて頂きました。

出会いを目的としているのでしたら、ライブチャットを利用するのは意味がありません。

マナー、ルールを守り楽しく遊ぶ

これはライブチャットにだけ言えることではありません。

野球やサッカーなどのスポーツでも、スーパーやコンビニなどでの買い物などでも、マナーやルールがあってこそ機能していると言っても良いでしょう。

中にはきちんと文字にした規約や規則が無いこともあります。

しかし、それは道徳的な考えやマナーを持っている大人でしたら言うまでもないことだと思います。
電マおな
性器見せ合いらいぶちゃっとだからといってチャトレが何でも言うことを聞いてくれる分けではありません。暴言や脅迫なんてもってのほか。最悪通報されてとっ捕まります。

擬似恋愛を本当の恋愛としてしまう気持ちもよくわかります。

ですが、その場を楽しむものだということを忘れてしまってはいけません。

関連記事

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.